COLUMN

コラム

2020/12/23 NEW

不動産投資の初心者はまず何をすべき?

不動産投資は、決して難しい投資ではありません。単純に損を出さない、少しでも利益を出すということだけを狙うのであれば、株投資はやFX投資よりもはるかに優しい投資だとも言えます。
株投資やFX投資は相場の変動により利益を狙うキャピタルゲイン目的の投資であるだけに、相場の見極めができない初心者は、利益を安定して出すのが大変に難しいです。それどころか、投資熟練者でも大変に困難です。
一方で不動産投資の場合貸し出すことができる不動産を所有さえしてしまえば、投資を始めたばかりの人でも定期的に収入を得ることができます。
しかし、それでも動く金額が大きいだけに、初心者の方は何から始めていいか迷ってしまう方も多いことでしょう。
そこで、これから不動産投資を始めたいという方のために不動産投資を志したらまず何から始めるべきなのかを、お伝えしていきます。

1.不動産で利益を出す仕組みを知る

まず投資で重要なのは、その投資で利益を出すための仕組みを良くすることです。
株式投資であれば購入して株が値上がりしたところで売れば、売却益を出すことができます。
では不動産投資は、どうやって利益を出すことができるのでしょうか。
不動産投資で利益を出す方法は二つの方法があります。

まずは、購入した不動産の値上がりを狙って売却することです。
1,000万円で購入したマンションが、仮に土地相場の値上がりなどで1,200万円になれば、売却することで200万円の利益を出すことができます。

ただし、この方法は誰しもが簡単にできるものではありません。値上がりするマンションを見極めるのは難しいですし、不動産という資産は、土地は値上がりも値下がりもしますが、建物は基本的に経年で値下がりしていきます。
もう一つ不動産では利益を出す方法があります。それは人に貸し出して、家賃収入を定期的に得ることです。自分で家を借りているという人も多いので、どういった家を買えばよいのか、貸し出せるのかをイメージしやすいのではないでしょうか。
マンションやアパート、戸建てなどを購入して、それを誰かに貸し出すことで定期的に家賃収入を得ることができます。
そこで、不動産を購入する時には多くの人が利用したくなるような、需要の場所にある賃貸物件を購入するようにしましょう。
そのように利益が出る仕組みを知ることで、どういった物件を購入すれば利益が出やすくなるのかも観察できるようになるのです。

2.自分がいくら用意できるのかを知る

不動産物件を購入するためには、お金が必要です。そこで自分が何万円まで用意して、何万円までの不動産を購入できるのかをきちんと知っておきましょう。
仮に魅力的な物件があったとしても、お金が足りないのでは買うことができません。逆に自分の資金に余裕があれば、良い物件が見つかった時に、「すぐに購入できます」と言って、他の人より素早くお金を用意することで、良い条件の物件を買えることもあります。
不動産物件を購入する時には、自己資金と金融機関から融資を受けたお金を合わせて購入します。

金融機関からお金を借りて資産を増やすことができるのが、不動産投資の醍醐味です。あらかじめ金融機関などに相談して、何万円まで融資できるのかなどの、相談をしておくと良いでしょう。
1,000万の自己資金と4,000万円の融資枠があれば、併せて5,000万円までの不動産物件を購入することができるので、その予算内で最適な物件を探すことが可能となります。

3.経験者に話を聞く

できれば投資を始める前に実行しておきたいのが、不動産投資の経験者に話を聞くことです。
実際の投資経験者の体験談は、他には代え難いような色々な知識やノウハウが詰まっています。特に重要なのが、失敗談を聞いておくことです。
自分がなぜ不動産投資で失敗をしてしまったのか、失敗事例だけではなく、失敗をした理由を詳しく聞くことで、他人の失敗を自分の糧にしていくのです。

失敗をしたり、失敗に繋がる行動を避けるようにしていけば、不動産投資で利益を出すことの難易度が下がるでしょう。
ただし、一人だけの人に聞いてしまうとその人の言うことはすべて正しいと信じてしまうことがあります。一人の経験者にだけ話を聞くのではなく、いろいろな経験を持つ先輩大家さんに話を聞いてみると良いです。
個人不動産投資家の中には、大家の会という、大家たち自身で勉強会をしている集まりもあります。そういった勉強会に参加することで、先達の知識や経験を吸収していきます。
不動産投資には何が必要なのか、より良い不動産物件を購入するためにはどういった部分を見ていけばいいのかなど、知識を自然に身につけていくことができるでしょう。

4.不動産会社に話を聞く

不動産を購入する時には、不動産会社の力を借りることが必須です。
不動産会社はあなたに不動産物件の情報を教えてくれますし、不動産購入する時の仲介役も務めてくれます。それだけではなく、不動産投資のノウハウも教えてもらうことができますし、特に重要なのが金融機関を斡旋してくれることです。
不動産物件を購入する時のすべての部分において、不動産会社が関わってくると言えるでしょう。

つまりそれは良い不動産会社を味方につけることができれば、あなたの不動産投資は成功したも同然だということです。
投資を始める前に不動産会社に話を聞くときも、一つの会社だけに話を聞くのではなく、まずは色々な不動産会社に話を聞くことで、多角的に不動産物件を判断する力を身につけることができます。不動産会社はいらない物件を売りつけてくるのではないかと、むやみに警戒する人もいます。しかし、そんなことはありません。不動産会社も顧客と良い関係を築き、そして顧客も不動産会社から良い物件を仕入れることでwin-winの関係を築きたいと思っているのです。
お互いにとって頼りになるビジネスパートナーを見つけることが出来れば、不動産投資で良い結果を生むことができるでしょう。

5.物件情報を多様な手段で探す

最終的に、不動産投資の結果を大きく左右するのは物件情報です。
不動産物件情報は、1,000件の情報の中で3件良いものがあれば上出来だと言われるほど、自分の条件にあった物件がすぐに見つかることは少ないです。
それだけに、いろいろな方面から物件情報を仕入れるようにしておきましょう。
もっとも手軽に情報収集を始める手段としては、不動産の中古物件専門サイトをこまめに見ることです。

その他には自分の購入したい物件、購入できる物件にマッチするものを探すのも良いですし、先輩大家から「こういった物件がある」と物件を紹介してもらったり。また不動産会社に「今こういう物件を探しているんですよ」と要望を伝えておけば、定期的に物件情報を教えてくれます。
物件情報の仕入れルートに関しては、一つでも多いに越したことはありません。
色々な方面と関係を構築しておくことで、あなたのもとに良い物件の情報が集まってくるようになるのです。
そうすればきっとあなたも買いたい物件、あなたに利益をもたらしてくれる物件が見つかることでしょう。

まとめ

不動産投資初心者の方は色々な方面から物件情報を仕入れ、そして学ぶ姿勢が必要です。不動産は不労所得だと言われますが、働かずにお金を稼げるからといって何も勉強せずに不動産物件を購入してしまうと、良い結果が生まれないこともあるのです。
グランド1コーポレーションは、不動産会社の立場として投資初心者の方に、不動産物件の購入の仕方や、物件運営のサポートや金融機関との付き合い方など、色々な情報をサポートさせていただきます。
また、始める前に具体的に詳しく聞きたい方には個人面談やセミナー、内見会などのご案内も可能ですので、お気軽にご相談いただけると幸いです。
これから不動産投資を始めたいという投資初心者の方は、ぜひグランド1コーポレーションまでお問い合わせください。きっとお役に立ってみてみせます。