COLUMN

コラム

2020/11/30 NEW

ワンルームマンション投資だからこそのメリット

不動産投資を始める時には、ワンルームマンション投資が良いとよく言われます。
しかしなぜワンルームマンション投資がよいのか。そのメリットを理解している方は、そう多くはないかもしれません。
そこでここでは、ワンルームマンションから不動産投資を始めることによって生まれるメリットについてご説明させていただきます。
これから不動産投資を始めようという方は、是非とも参考にしていただけると幸いです。

1.ワンルームマンションは価格が安い

なぜ不動産投資を始めるに当たり、ワンルームマンションを選ぶとメリットがあるのか。
最初に浮かび上がってくる理由は、その価格の安さです。
不動産物件の場合、価格は物件の面積とほぼ比例して決まってきます。

例えば、同じマンションの建物内で、25平米のワンルームマンションが1,500万円だとしたら、その2倍の広さのある50平米のマンションは、3,000万円前後の価格になります。
そして3倍の広さのある75平米のファミリー向けマンションであれば、4,500万円程度になることが多いです。

最初から広い物件を欲しいと思っても、それだけの現金を用意できる人はそう多くはないでしょう。
そのため、一般的にマンションの購入時には、購入費用の大半を金融機関による融資で賄うことになります。
金融機関によって融資がどれぐらい受けられるか、それは融資を受ける方個人の属性や物件のスペックによっても異なってきます。

例えばサラリーマンで年収が500万円あれば、ワンルームマンションを購入するための1,500万円から2,000万円程度の融資を受けることはそう難しくはありません。
しかし、これが大きめの物件。例えば3,000万円、4,000万円になると、それだけ融資を受けられるかは、人によって条件が異なります。

つまり、最初から広めの物件を買おうと思っても、人によっては融資を受けることができず購入できないのです。
それだけに、ワンルームマンション投資には価格面でのメリットが大きく、多くの人にとって購入しやすい物件なのです。
また、金融機関からの融資を受けることをリスクだと感じてしまう人もいるでしょう。

もちろんしっかり購入物件を選定することで、多額のお金を借りても即座にリスクになるわけではありません。
しかし、融資額を小さくしたい人にとって、ワンルームマンションは価格面でのメリットがあります。

2.ワンルームマンションは需要が高い

次にワンルームマンションのメリットとして挙げられるのが、多くの人にとっての需要があることです。
ワンルームマンションは基本的に一人で住むための大きさの部屋ですから、世帯人数一人向けの物件です。

国勢調査のデータを見ると、世帯数で最も多いのは単身者世帯であり、ついで二人以上が住む世帯が多くなっています。
一人暮らしで広々とした二人向けの物件に住みたい人がいないわけではありませんが、それだけの家賃を捻出できる人はそう多くはありません。
つまり、不動産物件を運営するにおいて最も需要が高いのが、ワンルームマンションなのです。

需要が高ければ空室が発生しにくいので、返済リスクも低くなります。
それは、金融機関からお金を借りてマンションを購入した場合毎月決まった金額を返さなければいけませんから、空室が発生するとお金が返せなくなるリスクが大きくなってしまいます。
そのため、不動産物件を購入するときはできるだけ空室が発生しにくい物件を選ばなければいけませんし、空室が発生してもすぐに入居者が決まるような物件を選ぶ必要があります。
それだけに、様々な物件の中で最も空室リスクが小さいワンルームマンションはメリットが大きいので

例えばファミリー向け戸建て物件の場合、中古であればワンルームマンションよりも高い利回りを確保することはそう難しくありません。
しかしファミリー向け物件はなかなか入居者が決まることがなく、一度空室が発生してしまうと大きなリスクになってしまうのです。
これが駅近にあったり、都心に建っているワンルームマンションであれば、一度入居者の退去が起きても、募集すればすぐに空室が埋まることが多いのです。

すぐに空室が埋まるのであれば、ローンで多額のお金を借りていたとしても毎月の返済が滞ることもなく、投資リスクを小さくすることが可能なのです。

3.ワンルームマンションは出口戦略を立てやすい

不動産投資を行うときには、最終的にその不動産をどう処分するのかについてもあらかじめ考えておく必要があります。
この不動産の処分のことを、出口戦略と呼びます。
不動産を購入した後はずっと所有し続けるものだと考えている方も多いかもしれませんが、それは必ずしも適当な方策ではありません。

ある程度の収入が確保できたところで、現状の不動産を売却し、別の不動産に買い替えるという選択を取る人も多いのです。
もちろん新築で物件を買い、何十年と所有する方もいますが、家賃収入だけではなく、その不動産そのものの価値の変化を予測し、売却で利益を得ることも考えながら戦略を立てていく必要があります。

基本的には不動産を買うときには、10年後、20年後など、一定の時間が経った後にその不動産自体の価値がどの程度になっているのかを考えながら購入していくべきです。
そうしないと不動産の処分に困り、空室も埋められないままずっと管理費や修繕費、固定資産税だけを支払う状態に陥る可能性もあります。
そもそも、価格が下がっていくような不動産は将来的に安定した家賃収入を得るのは難しくなってしまいます。

ワンルームマンションは出口戦略の立てやすさでも、不動産投資の初心者向きであり、メリットが有ると言えます。
先程も価格が安いことはお伝えしましたが、購入価格が安く買いやすい=すなわち他人にとっても買いやすく、自分にとっては売れやすいということです。
ワンルームマンションを売りに出したら、別の不動産投資家が着目して買ってくれる可能性が高くなるのです。

安定した入居実績を確保していた物件であれば、別の方が購入する時にも収支の予測が立てやすく、返済リスクを小さくできるので売りに出した途端にすぐに買い手が付くことも珍しくはないのです。
価格が安く、そして高い入居率を維持しやすいというメリットのあるワンルームマンションは、出口戦略の立てやすさにおいても優秀だと言えるでしょう。

また不動産投資だけではなく、不動産を購入した後に売却して他の投資にお金を使いたい時もあるでしょうし、治療や学費などで現金が必要になり、不動産を現金化して何かに使いたいという時も出てくるかもしれません。
そういった時にも、ワンルームマンションの売りやすさ、手離れの良さは大変優秀なのです。

ワンルームマンションのメリットについてご理解いただけたでしょうか。
ここに挙げた以外にもワンルームマンションは管理や運用のしやすさにおいて、様々なメリットがあります。ワンルームマンション投資に興味を持たれた方はワンルームマンション投資のプロフェッショナルグランド1コーポレーションまでお気軽にご相談ください。

当社では多数のワンルームマンション物件の取扱い実績があり、金融機関からの融資についてもお客様の特性を見ながら最適な金融機関をご紹介させていただきます。

ワンルームマンションが欲しい方、不動産投資をこれから始めてみたいという方はお気軽にグランド1コーポレーションまでお申し付けください。誠心誠意をもってサポートさせていただきます。


    入力
    確認
    完了
    入力
    確認
    完了
    入力
    確認
    完了

    お問い合わせありがとうございます。
    後日、弊社担当者よりご連絡いたします。

    こちらの内容でよろしいでしょうか?


    上記フォームより必要事項をご入力の上、個人情報の取り扱いをご確認し「入力内容を確認する」ボタンを押してください。後日、弊社担当者よりご連絡いたします。

    なお、希望連絡時間帯や方法(メール・電話など)、その他ご要望等ございましたらお問合せ内容欄にご記入ください。