COLUMN

コラム

2020/11/20 NEW

マンション投資と不動産投資型クラウドファンディング投資はどっちがいい?

最近増えてきている投資手法の一つに、不動産投資型クラウドファンディングがあります。
不動産投資型クラウドファンディングとは、クラウドファンディングの利用システムを利用した新しい不動産投資の方法です。

まず不動産会社が、投資家から少しずつ資金を募集します。そして、その集めたお金を元に不動産会社がマンションなどの不動産を購入します。
不動産会社は購入したマンションや不動産物件を運用して得られた家賃収入や、売却益を投資家に定期的に配当します。
手軽に不動産投資を始めることができる、投資手法となっています。

マンション投資などの実物不動産投資と異なり、不動産投資型クラウドファンディングは自分で不動産を所有することがありません。
その点がメリットにもなり、場合によってはデメリットにもなってきます。

そこでマンション投資などの実物不動産投資と、不動産投資型クラウドファンディング。
それぞれの、メリットとデメリットを見ていきながら、どちらが多くの人にオススメできるのかを確認していきましょう。

1.マンション投資のメリット

まずマンション投資のメリットには何が挙げられるでしょうか。

1-1.実物不動産を所有できる

マンション投資のメリットの一つに、実物不動産であるマンションを所有できる点が挙げられます。
自分で不動産を購入するということは、自分名義の不動産を所有することができるので、所有不動産を自由に活用できます。

また売却活動も自由に行うことができるので、現金が必要となった時や、マンションが値上がりしたときには、マンションを売却して現金を手にすることも可能なのです。

1-2.融資を受けて不動産を購入できる

マンション投資をはじめるにあたっては、現金で買える人はそう多くはないので、基本的に金融機関から融資を受けて購入することになります。

不動産投資の場合、購入する不動産の資産価値が下がりにくければ、金融機関も購入する資金の大半を融資してくれます。
そのため、1千万円以上するマンションを購入するときでも、金融機関から融資を受ければわずかな自己資金で購入することができるのです。

このように、他人資本で資産運用を始められる点は、マンション投資の大きなメリットと言えるでしょう。

1-3.価格の値上がりを期待できる

マンションを購入すれば、場所によっては数年後に大きく価格が値上がりすることも期待できます。日本は今少子高齢化社会により地方の過疎が進んでいますが、その代わり都心に人口が集中する傾向があり、東京や大阪の都心部の地価はここ数年値上がりをしています。

そのため都心部にマンションを買えば、数年後に地価上昇を受けて、「マンション物件の値上がりが起こる事も充分ありえるのです。
マンション投資の醍醐味とは、自分の運用次第で大きな利益を生み出すことができる点だと言えるでしょう。

2.マンション投資のデメリット

マンション投資はメリットだけではありません。デメリットもしっかり知っておきましょう。
最大のデメリットは、空室が発生すると家賃収入を得ることができない点です。

いわゆる空室リスクがマンション投資で気をつけるべきポイントと言えるでしょう。家賃収入からローンを返済していくことになるので、空室が発生してしまうとローンを返済できずに、自分の他の収入からローンを返済しなくてはいけません。

購入資金の大半をローンの融資を受けている場合は、家賃収入が入ってこないとローンが返済できなくなってしまう恐れもあります。空室リスクが発生しにくい物件を、しっかりと選ぶ必要があるのです。

しかし、管理会社によっては家賃保証制度もあるので、マンション投資を始める際は委託する管理会社のサポートもチェックしておくと良いでしょう。

3.不動産投資型クラウドファンディングのメリット

実物不動産投資に対し、不動産投資型クラウドファンディングにはどのようなメリットがあるのかをチェックしておきましょう。

3-1.自分で不動産を購入したり運用する手間がかからない

不動産投資型クラウドファンディングの最大のメリットは、自分で不動産を所有しないので購入や運用を全て不動産会社に任せられる点です。

特に不動産物件の運用に関し、初心者の不動産投資家の方は本当に自分で運営したり、入居者を決めることができるのだろうかと、不安になる方もいるでしょう。

不動産投資型クラウドファンディングであれば、物件運営は不動産運用のプロに全てを任せられるので、作業も発生しませんし、収入も安定したものが得られます。

3-2.僅かな資金から投資を始められる

不動産投資型クラウドファンディングは、1万円や5万円といった少額から不動産投資を始めることができます。
実物不動産投資の場合は不動産を自分で購入するので、自己資金が僅かな場合、借入資金は一千万以上必要になることが多いです。

そのような借入金にリスクを感じる方は、借り入れをせずに投資を始められる不動産投資型クラウドファンディングがお勧めだといえます。

4.不動産投資型クラウドファンディングのデメリット

不動産投資型クラウドファンディングのデメリットもしっかり知っておきましょう。

4-1.実物不動産を所有できない

不動産投資型クラウドファンディングのデメリットは、不動産投資不動産投資のメリットの裏返しです。
不動産投資型クラウドファンディングは実物不動産を所有できません。

さらに投資した案件が運用中でも、キャンセルして現金化することが基本的にはできません。(一部できる会社もあります)。また投資している資金は資産として計上することもできません。

例えば不動産投資を複数物件で展開する場合、所有するマンションを担保として不動産を買うためのお金を借りることができます。
しかし、不動産投資型クラウドファンディングではお金を借りて投資を進めていくことはできません。あくまで自己資金の範囲での投資しかできないのです。

4-2.投資にあたり融資を受けられない

不動産投資型クラウドファンディングは実物不動産を個人が所有するわけではありません。
その点はデメリットにもなります。

実物不動産を所有する場合、所有不動産を担保にすることで金融機関から融資を受けられます。しかし、不動産投資型クラウドファンディングは融資を受けられないので全て自己資金で投資するしか無いのです。
資産拡大の速度は、実物不動産投資に分があるでしょう。

5.資産を大きく増やしたいならマンション投資

ここまで、不動産投資型クラウドファンディングとマンション投資を比較してきました。
基本的には資産運用を進めていきたいのであれば、マンション投資の方が向いています。

一方で、少額からコツコツ資産運用を行っていきたいのであれば、不動産投資型クラウドファンディングがお勧めだと言えます。
マンション投資の最大のメリットは、他人資本でレバレッジを利かせながら投資を拡大できる点です。

不動産投資型クラウドファンディングはわずかな資金から投資を始められますが、そのための資金を金融機関から借り入れることはできません。
あくまでも自己資金の範囲内で、毎月数万円や年間数十万円など、小額ずつ投資してことになります。

マンション投資であれば、数千万円という大金を借りて、不動産を購入することができます。
そのため、短期間で大きな資産を築くこともできますし、まとまった不労所得を獲得することも可能です。

また不動産投資は手間がかかると思いがちですが、運用や管理業務、売却や購入などは不動産会社や、不動産管理会社に委託できます。
実際には自分の作業の手間を大きく減らして、サラリーマンの本業と並行しながら取り組むことができます。

さらに不動産投資、マンション投資は公務員に認められている数少ない副業です。
公務員の方で、副収入が欲しい方はマンション投資を検討されてみてください。

その理由は、都心のマンションは、資産価値が下がりにくいので売却しても借入金を返済できる可能性が高いからです、
また、そもそも空室が発生しにくいので、収入が安定せずローン返済でできなくなるという事態がほぼ起こらないからです。

グランド1コーポレーションでは、手堅く資産運用できる大阪や神戸、京都などといった人気関西圏はもちろん、関東圏の都心ワンルームマンションをお客様にご紹介させて頂いています。
不動産投資に興味のある方は、是非ともグランド1コーポレーションまでお問い合わせください。