COLUMN

コラム

2020/09/06 NEW

不動産投資に【向く人・向かない人】その違いとは?

不動産投資を始めたいが、大きなお金を動かすのは怖いという方もいるかもしれません。不動産投資には向いている方、そして向いていない方がいると考えられます。

不動産投資を始めて利益を出せるのは、当然ながら”向いている方”です。
では具体的に不動産投資が向いている人とは、どういった人なのかを、ここでお伝えします。ご自分が不動産投資を検討するときの参考にされてみてください。

1.不動産投資に向いている人3つの条件

まず不動産投資に向いている人とは、どういった条件を持つ人でしょうか。

1-1. 融資を受けることを負債だと考えない方

不動産投資を始める時には、金融機関から融資を受けることがほぼ必須だといえます。

1千万以上する投資用のマンションを、現金で購入できる方はそうはいないでしょう。そのため、どうしても多額のお金を金融機関から借りなければいけません。

自分の年収を大きく上回るお金を借りることを、怖いと考える方がいるのは事実です。しかし融資を受けて不動産を購入することは、自分の資産が減るわけではありません。仮に1,000万円の融資を受けても、それを趣味などに使ってしまうのであれば、融資を受けたお金は負債になってしまいます。

そしてお金は持っているだけではなかなか運用しにくいです。個人がお金を貸すには登録が必要です。そこで、お金を不動産という資産に変えることで人に貸し出して、お金を増やすことが可能になるのです。

不動産投資にあたって融資を受けることを前向きに捉え、融資を受けることを恐れない方こそ不動産投資で成功できる方だと言えます。

1-2.短期的な収入の上限に左右されない方

不動産投資は株や FX と違って、一気に莫大な利益が出るわけではありません。

例えば1500万円のマンションを買って短期間1年間ほどでその1500万円が2倍になってほしいという思う方であれば、不動産投資よりも株や FX など一気に大きな利益を稼ぎだけする投資に挑戦した方が良いでしょう。

例えば1500万円のマンションを買って短期間1年間ほどでその1500万円が2倍になってほしいという思う方であれば、不動産投資よりも株や FX など一気に大きな利益を稼ぎだけする投資に挑戦した方が良いでしょう。

毎月7万円の家賃収入を得て、約20年で投資用ローンを完済。21年目から家賃収入が懐に入る戦略で購入する人もいます。
また10年間所有して、ある程度の家賃収入を得たところで同程度の価格でマンションを売却することで資産を増やしたいと考える人もいます。

それぞれの出口戦略によって、どれぐらいのタイミングで売るのか、また家賃収入をどれぐらい求めるのか違ってきます。
どちらにしろ、不動産の収入は一気に大きなお金を得るのではなく、毎月安定した収入を得ること。そして10年20年といった視点で利益を得ることを目的としています。

そういった意味では、不動産投資以外にも安定した収入源を持っている方こそ不動産投資に向いていると言えるでしょう。

1-3.不動産について学ぶ意思のある方

不動産投資を行うときに、勉強しなくても「不動産を持っていれば自動的に借りる人が出てきて、自分は何もせずに収入が増えるだろう」と考えてしまう方もいらっしゃいます。

不動産投資を不労所得と考えているからこそ、こういう安易な考えになってしまうのかもしれません。
しかし不動産投資も投資の一種ですから、何もせずに不動産を買うだけでは簡単に利益が出るものではありません。

不動産投資で利益を出している方は、きちんと不動産について学ぶ意欲のある方ばかりです。
一方で、株や FX に比べると不動産投資は人の真似をすれば比較的に利益が出しやすい、つまり再現性の高い投資の一種だと思います。

きちんと学ぶ意欲さえあれば株 FX よりも高い確率で収入を得ることができる投資なのです。

2.不動産投資に向いていないと言われる人、3つのパターン

では逆に不動産投資に向いていない方は、どういった考えを持つ方でしょうか。典型的な三つのパターンを挙げていきたいと思います。

2-1. きちんと勉強する意欲のない方

不動産投資を行うときに、勉強しなくても「不動産を持っていれば自動的に借りる人が出てきて、自分は何もせずに収入が増えるだろう」と考えてしまう方もいらっしゃいます。

不動産投資を不労所得と考えているからこそ、こういう安易な考えになってしまうのかもしれません。

不動産投資で利益を出している方は、きちんと不動産について学ぶ意欲のある方ばかりです。

一方で、株や FX に比べると不動産投資は人の真似をすれば比較的に利益が出しやすい、つまり再現性の高い投資の一種だと思います。

きちんと学ぶ意欲さえあれば株 FX よりも高い確率で収入を得ることができる投資なのです。

2-2.融資を受けたくない方

不動産投資を行うにあたって、融資を受けることが必須であることはお伝えしたとおりです。

しかし融資のことを借金だと思い、リスクをと考えて不動産投資を始められない方もいらっしゃいます。

2-3.すべて他人任せにする方

不動産物件の運営は、外部に委託することが可能です。

物件の客付などは不動産会社に任せられますし、物件の管理運営も管理会社に任せることができます。

しかし具体的にどういった管理を行ったり、どういった条件で客付けを行うのかなどは、やはりオーナーの方が決定権を持っています。

それだけに外部に全てを任せてしまい、自分で状況確認して何か問題点があったら改善をしようという意思のない方は、不動産投資で成功することは難しいです。

どんな人が自分の物件を選んでいるのか、周辺の不動産物件はどういった条件で募集しているのか人気のある物件や立地はどういったものなのかなど、きちんと意欲的に考える方こそ不動産投資では成功していると言えるでしょう。

3.不動産投資への恐怖心を払拭するには

不動産投資はどうしても怖い、自分ではなかなか始められないと考える方もいるかもしれません。

3-1.資産価値が落ちにくいといわれるマンションを買う

1990年前後にバブル経済の崩壊を経験している方も、まだまだ多くいることでしょう。

その時に不動産が大きく値下がりしたので、不動産の資産価値が急激に落ちることを恐れてる方がいるのかもしれません。

そこでご提案したいのは、資産価値が落ちにくい都心のマンションを購入することです。

近年も都心の不動産は値上がりしていますが、バブルではなく実情に沿って徐々に不動産価格は値上がりしています。

都心部の物件を買えば、不動産が急に値下がりするリスクを避けられるでしょう。

3-2.空室が起きにくい物件の条件を知る

不動産投資に恐怖心を持たれる方は、自分が買った物件に全く人が入らず、家賃収入がなくなってしまうと恐れる方もいます。

しかし実際に高品質なマンションでは、空室期間も努力次第であっという間に終わるものと分かっていただけるでしょう。

空室が発生しにくい物件とは、立地が良く、交通の利便性が良い、また防犯性に優れているなどの条件を兼ね備えた物件になります。

そういった物件の条件をきちんと満たしておけば、空室に悩まされる必要もなくなるのです。

まとめ 不動産投資の実態をよく知ろう

不動産投資できちんと成功している方は、不動産投資の実態をきちんと知っており、勉強される意欲を持っている方ばかりです。

ここで挙げた条件を見ながら、自分は不動産投資に向いていないと感じた方でも、きちんと頼りになる不動産投資のパートナーを見つけることが出来れば、きっと成功することができるでしょう。

グランド1コーポレーションでは不動産投資に自分が向いていないと思われる方のサポートも、万全な体制で行っております。

物件選びから客付け、そして物件の管理運営、さらには出口戦略のサポートまでさせていただきます。不動産投資を始めてみたいという方は、是非ともグランド1コーポレーションまでお問い合わせください。