COLUMN

コラム

2020/08/19 NEW

不動産投資はローンが使えるから強い!そのメリットとは

マンションやアパートなどの不動産投資は、ローンを利用することができます。
そして不動産ローンは、金利も低い上に生命保険代わりにもなります。
そこで、ここでは不動産投資ローンの主なメリットについて紹介しています。

特に家族がいる方は、生命保険にもなって家計の見直しにも役立つため、不動産投資ローンの利用はおすすめです。
これから不動産投資を考えている方は、ぜひとも参考にしてください。

不動産投資ローンは生命保険代わりにもなる

不動産投資でローンを利用するメリットが、生命保険代わりになることです。
不動産投資ローンは住宅ローン同様、団体信用生命保険が付いています。
そのため、ローン契約者に万が一のことが起きた場合は、残された家族にローン支払いがない不動産を残すことが可能です。

家族はローンがない不動産で家賃収入を得続けることができます。
生命保険代わりになることが、不動産投資でローンを使う大きなメリットです。

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、ローン契約者が死亡もしくは高度障害状態に陥った場合に、保険金によってローン残高が0円になる生命保険のことです。
団体信用生命保険があることで、一家の大黒柱に万が一のことがあっても、家族に負担がないかたちで不動産を残すことができます。

団体生命保険料は金融機関が負担してくれる

団体信用生命保険の保険料は、不動産投資用ローンを融資してくれる金融機関が負担してくれるケースが大半です。
そのため、自分で別途保険に加入し、保険料を支払う必要がありません。

不動産投資を行うだけで自動的に生命保険に加入できて、毎月の保険料の出費を抑えることができるのです。

生命保険の見直しができる

不動産投資ローンには団体信用生命保険が付いているため、一般の生命保険を見直すことができます。

一般的な生命保険は年齢が高くなるなど、保険料も高額になっていきます。
掛け捨て型は貯蓄効果がありませんし、積立型であれば、月2万〜3万円程度の保険料を支払っている家庭も少なくありません。

しかし、団体信用生命保険は年齢で保険料が変わることがありませんし、そもそも保険料を金融機関が負担してくれるので、自分たちの毎月の出費を軽減できます。
万が一の際にはローンの残債が完済されるため、家賃収入が丸々自分の収入になります。

もし生命保険の見直しをすれば、その分家計がラクになります。
家賃収入と生命保険料の削減で、将来的に家計に大きなプラス効果をもたらしてくれるでしょう。

マイナス金利政策により金利が低い

最近の不動産投資ローンの金利は1%台と、住宅ローンと比べてもそれほど高くありません。
これは2016年1月に行われた日銀のマイナス金利政策(マイナス金利付き量的・質的金融緩和)による部分が大きいです。

以前の不動産投資ローンは、3%〜4%以上の金利があたりまえでしたが、今はもっと良い条件でローンを利用できます。
金利が低いことで毎月のローン返済額も少なくなり、より高い利回りを実現することが可能です。

余裕があれば繰り上げ返済

以前よりも不動産投資ローンの金利が低くなったとはいえ、多額の利息が付くことには変わりありません。
少しでも利息を効率よく減らすために、積極的に繰り上げ返済をしましょう。

繰り上げ返済は元金に充当されるため、利息を大幅に減らすことができます。
期間短縮型と返済額軽減型がありますが、利息の軽減効果が大きいのは期間短縮型の方です。
繰り上げ返済をすれば、返済総額が少なくなり、経済的にも精神的にも負担を軽減できます。

どんどん繰り上げ返済を実施して、早期返済を目指しましょう。

投資用ローンの金利は変動金利

不動産投資ローンを利用する際には、変動金利を利用します。
そこで変動金利ならではの特徴を、しっかりと知っておきましょう。

変動金利

変動金利の最大の特徴は、目先の金利が低いことです。
そのため、毎月のローン返済額を少なく抑えることができます。
ただし、変動金利は半年ごとに金利が見直され、5年ごとに返済額が変更されます。
もし金利が上昇した場合は、返済金額もアップするのがデメリットです。

●メリット
・目先の金利が低めに設定されている
・金利が上昇しなければ、ずっと低金利のまま

●デメリット
・金利が上昇したら返済額もアップする
・返済額がアップしすぎて家計が厳しくなる可能性がある

変動金利は金利が低く、そのメリットは大きい

投資用ローンの場合、変動金利と決まっているのは固定金利に比べても投資家側のメリットが大きいからです。
現時点で超低金利なので、変動金利の現状の金利は非常に低くなっています。固定金利は変動金利より金利が高くなるので、毎月のローン支払い額が増えます。

結果毎月の収支は、変動金利より悪くなるのです。
変動金利の金利は、世の中の景気に連動して変化します。
経済状況に合わせて変動する金利ならば、金利が上がってもその時には経済状況が好転しているのでリスクは小さいです。
その意味では、不動産投資には変動金利のほうがマッチしていると言えるでしょう。

また今の日本の経済状況を見ても、一気に金利が上昇するとは考えにくく、変動金利であれば金利の低さというメリットを存分に享受できます。その意味では投資用ローンの金利が低い昨今の市況は、不動産投資を始めるのに適しているともいえます。

ワンルームマンションの購入費用程度でしたら、一般のサラリーマンの方でも十分に融資を受けられます。

まとめ

ここでは、不動産投資ローンの主なメリットについて紹介いたしました。
あらためて、ここで紹介した大事なポイントをまとめると、次の4点が挙げられます。

・不動産投資ローンは団体信用生命保険があるため、万が一の時も安心
・今は低金利時代なので、ローンを利用するには有利な状況
・マイナス金利政策の影響で変動金利の金利は大変低い
・ローンを利用する場合は、積極的に繰り上げ返済をしよう

条件の良いローンを組むには、不動産会社が提携している金融機関を利用することも、選択肢の一つです。

信用できる不動産会社には、金融機関も「この会社が選んだ物件ならば資産価値が落ちず、入居率も維持できるので融資しても大丈夫だろう」と判断してくれます。
また築年数が浅い、これまでの入居実績が豊富と言った安定した収入が見込めるマンションを購入すれば、金融機関側のリスクも小さくなるので、良い条件での融資を受けやすくなります。

その条件を叶えるために必要なのは、やはり価格や質に優れた、コストパフォーマンスの良い投資物件です。

グランド1コーポレーションでは、大阪や神戸などにある入居率の高いマンションを中心に、お客様に厳選物件をご紹介しています。
お客様が安定した家賃収入を得ることができて、さらに金融機関からも良い条件で融資を受けられる物件を常に我々も探し続けています。

しっかりとローンシミュレーションを行い、無理がないことを確認した上で不動産投資を始めましょう。
そして、そのお手伝いはぜひとも豊富なマンション販売の実績を持ち、金融機関とも提携を行っている、グランド1コーポレーションにお任せください。