COLUMN

コラム

2020/10/19 NEW

これからの時代、第二、第三の収入源は必須不動産投資が適切である3つの理由

新型コロナウイルスの流行は、各業界に非常に大きな影響を及ぼしています。
2020年2月から3月にかけてはいわゆるコロナショックが発生し、国内外で株価が大きく下落しました。その後経済指標はやや持ち直してはいるものの、2021年の冬の到来で新型コロナウイルスの再流行も懸念されており、予断を許さない状況であることに変わりはありません。

そんな時だからこそ、本業以外にも第二・第三の収入源を持っていく必要が提唱されています。そこでここではなぜ第二・第三の収入源が必要なのかそしてどういった手段が適切なのか。その、多くの人が知りたいと感じるポイントについてお伝えします。

1.副収入を得る方法

この記事を読まれている方は、会社員として収入を得ていたり、また個人事業主として働いている方がほとんどでしょう。
そこで、本業以外に副収入を得る手段にはどういったものがあるのかを考えてみましょう。

1-1.アルバイト

まずもっとも手軽に副収入を得る方法として始めやすいのが、アルバイトです。
コンビニエンスストアやファーストフード店などは、日本の少子高齢化により人手不足に悩んでいます。
不況と言われていても、販売業や飲食業は常に人材が不足しており、アルバイトの募集が減ることはそう多くはありません。
そのため、週末など休日を使ったアルバイトをすれば、毎月数万円の収入を伸ばすことはそうは難しくないでしょう。

1-2.投資

収入を増やす手段として、次に多くの人が思い浮かべるのが株やFXなどの投資ではないでしょうか。
アルバイトは自分の肉体を使い収入を得る手段ですが、投資の場合は自分が働くのではなく、自分の代わりにお金に働いてもらって収入を増やすことになります。
株や為替相場は毎日変動しており、タイミングよく売買を繰り返すことができればそう大きな時間を割くことなく収入を伸ばすことができます。
また売買によって利益を出すだけではなく、預金して金利収入を得るのも副収入を得る手段のひとつだと言えるでしょう。売買によってその差益で利益を得る投資のことをキャピタルゲイン、お金や土地などの資産を他人に貸し出すことで定期的に権利収入を得ることをインカムゲインといいます。

1-3.副業

アルバイトは他人に雇われて労働力を提供し、収入を得る手段です。
一方で、自分で事業を起こして副収入を得る、つまり副業を始めることも収入を伸ばす手段の一つです。
最近ではネットショップの開設などが昔より簡単になったので、ネットショップを興し収入を得る人もいます。
中古ショップで安く商品を購入しそれを、磨いたり、リフォームして、新品に近い値段で売るといった事業を起こす人もいるほどです。
また、それだけではなく最近ではクラウドソーシングサイト上で募集されている事業に協力し、副収入を得ることも可能となっています。
現代ではインターネット技術の発展により、様々な副業を始めることは容易になっていると言えるでしょう。

2.副業による懸念点

先ほど挙げた手段を使えば、副収入を得ることは決して難しくはありません。
しかし、副収入を得るためには何らかのマイナス点がある必要もあります。
副収入を得るための手段を始める前に、デメリットもしっかりチェックしておきましょう。

2-1.必ずしも収入が得られるとは限らない

まず投資の場合、必ずしも収入が得られるとは限りません。お金を増やすどころかお金が減ってしまうこともよくあることです。
株やFXに投資した場合、相場が自分の思惑と逆に動いてしまうと、利益どころか損失が発生し自分の貯金などが減らしてしまうことになるのです。
ネットショップなども商品が売れなければ、在庫を抱えて赤字に苦しむこともあります。

2-2.会社の就業規則違反になることもある

アルバイトは働いた分だけ確実にお金を手に入れることができます。
しかし、会社によっては就業規則で副業を禁止していることも多いでしょう。
特に公務員の場合は基本的に不動産投資および執筆活動以外の副業は、ほぼ禁止されている状態になっています。会社としては副業に力を入れられると、自社の業務内容が漏洩する懸念があるため、副業を推進する会社は少ないのです。

2-3.本業のパフォーマンスが落ちる

副業を行う場合、仕事が終わって自宅に帰宅した後や休日に行うことになるでしょう。
そのため急速の時間を満足に取ることができず、本業のパフォーマンスに影響が出てくる可能性もあるのです。
会社はなぜ休日を設定しているのか。それは休日を休養や知識の吸収に当ててもらい、仕事のパフォーマンスをしっかりと発揮してもらうためです。
あなた自身にとっても、休日がきちんと確保できない場合疲労を回復できず倒れてしまうなど、健康を損ねる恐れもあるのです。

3.副収入を得るには不動産投資が適切

副収入を得るためには時間や体力などを犠牲にする必要があります。
またそれほど時間をかけずにできる株などの投資は、利益が発生するどころか損失が発生するマイナス点があります。
しかし、そういった弱点を気にせずに不労所得で副収入を得る手段があるのです。
それこそが不動産投資です。
ではなぜ不動産投資は副収入を得るための手段として最適なのか、その三つの理由をお伝えします。

3-1.時間を割かずに収入を得られる

不動産投資は自分が所有する不動産を他人に貸し出し、毎月家賃収入を得ることができます。
つまり、自分の権利を貸し出すことで収入を得る方法です。
そのため自分が労働力を提供する必要もなく、毎月ほぼ作業を必要とせずに収入を得ることが可能です。
物件の運営や管理に関しては不動産管理会社に多少の手数料を払うことで、ほぼ全てを任せることができるので、会社員の本業と、不動産投資という副業を簡単に両立できます。時間を取られて体力を失うこともありません。

3-2.収入が安定している

不動産投資は、株投資やFX投資と違って収入が安定しています。
それは毎月何万円の家賃を支払うという賃貸契約をあらかじめ結ぶからです。
賃貸契約を結んでいる間は毎月家賃が振り込まれてくるので、一定の収入を確実に得ることができます。
もちろん空室が発生すれば収入はなくなってしまいますが、空室が発生しにくい立地の物件や、空室が発生してもすぐに入居者が見つかるようなワンルームマンションなどの物件を選べばそういったリスクも容易にカバーできます。

3-3.不動産投資は副業に該当しない

多くの会社で就業規則により、副業が禁止されています。
先に挙げたように、公務員は特に副業に対する制限が厳しいです。
しかしそんな公務員でも取り組むことができる数少ない副業こそが、不動産投資なのです。
それは不動産投資が時間をとられずに行うことができる事業だからです。
だからこそ、多くの会社で副業として不動産投資を特に制限を設けていないので。
不動産投資であれば会社にばれた時の心配もなく、のびのびと投資を始めて収入を伸ばすことができるでしょう。
グランド1コーポレーションは副収入が必要な時代に対応するために、公務員の方や会社員の方でも始められるような不動産物件のご紹介を行っております。
どういった不動産物件を選ぶ方が良いのか、金融機関から融資を受けるためにはどうすればいいのか、そして運用や管理最終的な売却についてまで幅広くサポートさせて頂いております。
少しでも収入を伸ばしたい副収入を得る手段を知っておきたいという方は、是非ともグランド1コーポレーションまでお気軽にお問い合わせください。